ブルースバーの独り言

横浜上大岡で経営しているバー、クラークスデールオーナー。日々感じている商売の難しさや想い、どう楽しく仕事し、実現して行くのか、どう家族と従業員を守るのか奮闘中。

カクテルのお話

カクテルは、星の数程ありますが本当に美味しいカクテルを出すのは大変だなぁて思います。

昔はよく先輩バーテンダーと、スタンダードなカクテルを仕事終わったら作って練習していたものでした。ギムレットマティーニなどは厳しい人もいるので作る方は緊張しますね。

同業者の方も、同様です。

長い年月で、自分なりの形が出来ていくのでしょうが、まだまだと痛感します。

数年前開発した、オリジナルケンタッキーコーヒーアイリッシュコーヒーのアイリッシュウイスキーをバーボンに変える)は、なかなか大変な作業でした。

レシピは、

・バーボンウイスキー  30ml

グランマルニエ 15ml

・砂糖 小さじ1

・濃いめのコーヒー 120ml

ホイップクリーム 適量

まずは、グラスを温めます。この時厚手のグラスか、耐熱用の足のあるゴブレットなどが良いです。割れる危険もありますので。

それを2つ用意します。

温めたら、そこに別々のグラスに1つは、バーボン。1つは、グランマニエを入れます。そして火をつけますが、軽く回した後、もう一つのグラスに流し入れます。

両手にグラスを1つづつ持って、流しこむ作業を繰り返します。(3〜4回)

火の消し方は、グラス同士を上から重ねると消えます。

そしたら、砂糖を入れ溶かしたら、もう一度火を点け先ほどのフランベ作業を繰り返します。グラスが温まったら一気に熱いコーヒーを流し込みます。

そして、ホイップクリームを上にかければ完成です。

オレンジリキュールを入れることと、フランベ効果でオレンジの香りが立ち、カラメルの焦げた香ばしさ、コーヒーのコクとマッチして一段階上の、大人のコーヒーの出来上がりです。

ぜひ、試してもらいたいカクテルです。

ただ、最初はグラス割ったりや、こぼしたりヤケドするケースもあるので、気をつけてください。

私も、何回も割りましたし、手についてヤケドもしております(笑)

アルコールの炎は青色で照明落とすとロマンチックです。女性口説く時は、絶対使えると自負しております!

 

このように、1つ1つ開発するのも苦労しますね。

なかなかうまく行かないからこそ、調べるし、理解が深まるというか、自分のレシピに変わっていくのでしょう。

死ぬまでに、どれくらい自分のカクテルものにすることが出来るのかな〜?

 

 

お酒のお話

今回は、お酒を好きになった理由を書きたいと思います。

もともとは、あまりお酒は呑めない人間でしたが、飲み始めたきっかけは女性にモテたいからでした。

私が、欲求するもの全て大体はモテたいから始めたものが多いです。

女性とお店に行ってカッコつけたい一心で、ワインや、ウイスキー、カクテルを一生懸命覚えたものでした。

楽器もそうですね。

それが、続けるといつのまにか虜になっていくものなんですね。

好きこそものの上手なれ、スゴイなーて思いました。

死ぬまでできること、仕事もそうありたいものです。

最後に私の好きなお酒を、あげたいと思います。

エバンウィアムス12年、グレンドロナック12年、メーカーズレッド。

最近は、そのローテーションですね。

カクテルでは、映画にもなりましたが、雪国もいいカクテルだと思いますね。

シンプルでバランスがいいですね。そんな風に生きれたらいいな。

f:id:barclarksdale:20190324211429j:plain

雪国カクテル

 

お店の雰囲気とコンセプト

どうも、アル中ことガースーです。

深夜に書きたくなるブログなんですが、今回はお店のコンセプトについて語りたいと思います。

今の形になって、生演奏を多くしているのですが演奏という形が入るとどうも入りにくいと感じる方も多いようです。確かに盛り上がっていたり、知り合いが多い感じだとチョット・・・というのはありますね。

でも、ウチのお店では無い様に心がけております。

ライブハウスでは無いように、していますし何よりバーがメインなので、あくまでお酒と食事を楽しんでもらうための、演奏、生演奏を演者の方には理解してやってもらってます。

中には、ミュージックチャージがかかるものや、チップ(投げ銭)制もありますが、基本はミュージックチャージが無いことが多いです。

海外のライブ盤などでもある様に、食事しながら、談笑しながらの音が入っていることがあると思いますが、それでいいんだと思います。

コンサートでは無いので、何も一生懸命聞き耳立てる必要は無いと思うんです。

良い悪いは、お客様が決めて良いと思いますね。チップの場合も同様、その演者が良ければ活動費として、投げ銭箱に入れれば良いと思います。ストリートミュージシャンと一緒ですね。

どうも好きじゃ無いな・・・というときは、無理して入れなくても良いと思います。

日本はチップ文化じゃ無いので、誰かが入れていると好きじゃ無いけど入れるか・・という意識になりますが頼んでもいないのに、勝手に聴かされて金くれは嫌なのはわかります。

私も演者として出演しますが、ミュージックチャージは取っておりません。

音楽で、その日を楽しんでいただければ良いなと思いたまに演っております。

でも、生演奏はすごく良いなと思ってます。

なぜなら、CDやレコードみたいにない、臨場感や空気は楽器の音は作り出せないからです。(しかし、数千万かけたオーディオシステムは素晴らしいものがあります!

先日、常連さんから紹介された、散髪屋さんの音のスゴイこと!といったらありませんでした。お金かけて一流の録音を聴くか、生演奏かは難しい話ですが)

話が少しそれましたが、昔やっていた方も、興味ある方も、今もやっている方も目の前でやるパフォーマンスは良いなと思うわけです。(オープンキッチンの様な)

バーもそうですが、カクテルメイキングなどで作る所作は、楽しいし面白いと感じております。

批判するつもりはありませんが、音楽メインのお店だとお酒や食事はどうも・・・といったお店も多い様ですし私は、あまり好きじゃ無いので足を運びません。

バー・クラークスデールは、お酒、食事、音楽、雰囲気も全て楽しんでもらいたいなと思って今のコンセプトに落ち着きました。

グラスや食器、おつまみ、お酒も楽しめるお店として長く愛されるお店に精進したいものです。

お酒も食事も、音楽も全て楽しむこと、楽しい時間が共有できればこんなにお店をやって楽しいことはありませんね。

では、また! https://clarksdale/jp

 

 

ブルースなお店を始めたお話

どうも、酒の呑みすぎでむくみの取れない、管理人です。

今回は、お店を始めたきっかけをお話しようと思います。

以前私は、蒲田にあるbar、チャーリーというお店に11年勤めておりました。30歳を過ぎる頃にはお店をやってみたいなー、とは思っており横浜、平沼に住んでおりましたが駅周辺の家賃の高いことといったら・・・。

とても、個人では出せる場所では無いですね。

保証金も高くて手がだせません(泣)

なので、自宅周辺10キロをターゲットに探し始めました。関内、東横線沿い、京急線、市営地下鉄、めぼしい駅周辺はよく回ったのを覚えています。

なかなか、思った通りの物件は見つかりませんよね。

ツテも何もありませんしね。狙い方は2つあるかと思います。

先ずは、街を決めてじっくり待つか、広範囲で開くのを待つか。

私は後者でしたが、この物件は人気がなく一軒家の貸し出しで二階もあるのでかなり広いのですが今はここで良かったと思ってます。

縁もあるので難しいところですが・・・。

f:id:barclarksdale:20190213193824j:plain

お店の内装

そういうことで、上大岡に決まったのですが、

本題のブルースが聴けるバーにしたのは趣味でギターを弾いていたことと、昔の戦前ブルースマンがかっこ良かった事、ちゃんと自分の個性がブルースマンにはあってひとりひとりが完成形のところですね。

私もギターを弾くのですが歌が下手なんです。録音して聴くと、『誰なんだ!こんな恥さらしは!』

と思うんですが歌あっての演奏の場合はやはり歌って完成ですね。

完結したいんですよ、何事も。

なので、基本はソロギター(ギター1本のインスト)の演奏が多いですね。

 

あとは、カッコいいんです、服装とか。

スーツをキチンときている姿が、憧れました。

なので、私の制服はシャツ、ベスト、スラックスです(私服は違う)

 

今は、改装して生演奏もやってますが当初はやってませんでした。レコードやCDのみのいわゆるバーでした。

当初から考えてたのですが、気軽に音楽、お酒や食事、会話などを緊張せず楽しめるお店にしたかったんです。アメリカンな雰囲気を出したいんですが、あまりネオンやド派手な感じは好きじゃないので落ち着いた、アメリカ南部のコロニアル様式を採用しました。レンガ仕立てみたいな感じです。

f:id:barclarksdale:20190214192442j:plain

壁側

ライブハウスではないので、無理に聴かせる必要はないので音量はあまり大きくしていません。聴きたい人は勝手に演者の近くに行きますしね。

ちょっと不満だったのは、音楽が聴けるお店だとお酒や料理が少ないのとちゃんとしてないなぁって思ってたんです。 グラスや食器も好きなのでなるべく良いものを使っています。

高いウイスキーなどを紙コップで飲みたくないですし・・・。

おつまみなどもできるだけ手作りしますね。自家製もやってみると面白いですよ。

人気があるのは、スモーク料理ですね。ナッツやジャーキー、ハム、ベーコンなど無添加で体にも影響ないし、味もいい。

レシピなども公開していくので、ぜひやってみてくださいね。

 

音楽やってて良かったなー、と思う時がたくさんあります。

機材や、楽器など使ってない物など、貸してもらえたりしてお店で活躍しております(感謝)

結構あるあるですが、ミュージシャンは使ってない機材やアンプって家にあることが多いんですよね。溜まっちゃうんです。買い替えとかで。

なので、私も使ってない物はあげたりしますね。

f:id:barclarksdale:20190214200348j:plain

音楽を楽しむ常連さん



まだまだ、お店も発展途上ですが、

演者もお客さんも、もっともっと楽しめる空間、雰囲気を作れるよう努力して行きたいですね。音楽を通して、コミュニケーションの輪がたくさん広がるようなバーになればと思っております。ではまた!

ブルースバーガーのお話

今やお店の看板メニュー、オリジナルブルースバーガーについて話そうと思います。

もともとは、ハンバーガーはそんなに食べる方ではないのですが・・・。

たまに、◯ックなど食べる程度で、そこまで美味しいと感じた事がありませんでした。

なので、特に取り組んで来なかったんです。

 

でも、今やハンバーガーも高級な1000円以上するものも有りますし都内や神奈川県でも海外のバーガーチェーンがたくさん来てますよね。

都内もいくつか回って、食べて見ました。

共通しているのは、バンズが美味しい事。

少し甘みのあるものや、香ばしいもの、パン自体が美味しいんですね。

 

私は子供の頃、給食のコッペパンが大キライで、牛乳に浸したり、ちぎってお茶に入れて流し込んだりで、嫌な思い出です。

だから、某チェーンもあまり良い粉ではないのかなとは、思います。

しかしながら、バンズを買おうと思っても結構売ってない。

スーパーなどに行っても、バーガーバンズは無い。パン屋も無いんですよね。

じゃあ、作るしか無いか・・・と始めたわけですが、難しい。

取り敢えずは、テキトーにレシピ探して試作。

最初は、国産牛の方が脂があってうまいかと思ったら、脂がキツすぎてバンズがベタベタしてダメ。

 

3、4回試作して良いなと思ったのは、肉にしっかり味のある外国産。

今はパティは、外国産の肩ロースとバラを混ぜて使ってます。(塊を切ります)

そこに、塩、砂糖、ガーリックパウダー、パプリカパウダー、粗挽き胡椒多め、

ビーフブイヨン、マヨネーズ、マスタードなど入れます。

ソースとの相性が良いです。

 

バンズは苦労しましたね、パンを焼くのがこんな大変とは思いませんでしたが。

苦労したおかげで、良いレシピにはなりました。

今は、上大岡のパン屋さんonniさんにレシピ渡して作ってもらってます。

あとはソースですが、ほとんどのお店はケチャップとマスタードがあるだけでちょっと物足らないので、オリジナルソースを作ってます。

オーロラソースぽいのですが、中にディルピクルスを刻んで入れてます。

嫌な人もいるかもしれませんが、ピクルスがあった方が絶対美味しいと思います。

アクセントになるし、脂ぽさが消えますからね。

 

ハンバーガーとかラーメンとか鮨も大事なのは、バランスですね。

そういうところでは、大手は安くそこそこ美味しいのは、凄いですね。

というところで、スタッフ明日香にパテの仕込みを伝授!

その内、作って提供できる様になるでしょう!では!

f:id:barclarksdale:20190208045946j:plain

ブルースバーガーパティの仕込み風景です。

 

嫁の誕生日忘れていた件

f:id:barclarksdale:20190207215926j:plain

ローストチキン


先日、嫁の誕生日を忘れていてドヤされました。

前日に、ケーキだけでもいいからと言われていたのに・・・。

だが、しかし!

気合を入れて、料理フルコースで挽回じゃ!

ローストチキン、魚のソテー、カルパッチョ、アヒージョなど食べきれないくらい出して、お客様と共に味わってもらいました。

なので、機嫌もよくなり一安心。

大事な日は、メモしとかんといけませんな・・・。

f:id:barclarksdale:20190207215051j:plain

アヒージョ

f:id:barclarksdale:20190207215139j:plain

バーニャカウダ